住宅ローンの借り換えの判断は慎重に検討しましょう

昨今、金融緩和などの影響も伴い、住宅ローンの金利は下降傾向にあり、1%を切って提供されるようになりました。

さらに、メガバンクなどとは違い、徹底的なコスト削減から低金利を打ち出すネット銀行なども増えてきており、住宅ローンの借り換えを検討される方が多いのではないでしょうか。

住宅ローンの借り換えを検討される際、もっとも有効なのが経験者の方に体験談を聞くことです。 住宅ローンの借り換えは、単純に金利が低いことだけをみて行うと、逆に失敗する可能性があります。

現在の住宅ローンは、金利プランが充実してきており、固定変動金利の組み合わせで契約が出来たり、団体信用生命保険で補償してくれない罹患リスク、つまり大疾病などの病気にかかるリスクに対しての補償なども充実しています。

総合的な収支を計算し、その他住宅ローンならではの保証なども加味した上で、借り換えを実施するかしないか、借り換え先をどこにするかを検討していきましょう。



失敗しない住宅ローンの借り換え

昨今、住宅ローンの金利はかなり下がりました。 金利が高い時期に住宅ローンを組まれた方は、『失敗したな』とか『金利の安いところに早く借り換えないと』と思われる方も多いのではないでしょうか。

住宅ローンの借り換えは、金利が安いという理由だけで乗り換えようとすると逆に総支払額が増え、失敗するケースもあります。 そこで、最低限ココさえ押さえればというポイントをお知らせします。

保証金と事務手数料の違いはご存じでしょうか。 住宅ローンを借りようとするとどの金融機関で発生します。

保証金は借入時にだいたい借入価格の2%前後かかります。保証金は全額を繰上返済した場合、繰り上げた期間に応じて返金がされます。細かくは元利/元金均等や金融機関によって異なりますのでご確認ください。

一方、保証金の代わりに事務手数料の名目で借入時にお金を払う金融機関もあります。低額の一律10万円などもあれば、保証金同様、借入額面の2%前後などを支払う場合もあります。 ポイントはココです。事務手数料は繰り上げ返済をしたとしても戻っては来ません。

この点を加味し、現在の金融機関から乗り換えることが本当に特をするかどうかをしっかり考え、失敗しない借り換えをしてください。

参考サイト:住宅ローンの借り換え大作戦:メリット・デメリット



タイミングによっては無償になる

住宅ローンは、しばしば借り換えが行われます。手数料の負担を減らす為に、他の会社に乗り換えられる事がよくあるのです。

ところでそれも行うとなると、タイミングなどが重要になる事もあります。選択した金融商品によっては、無償になるケースも見られるからです。

そもそも金融商品の乗り換えなどを行った時には、所定の手数料が発生するケースも目立ちます。しかも決して軽視できない手数料で、業者によっては数万円ほどの料金支払いが生じる事もあるのです。それを節約したいと思うのも、自然な考えです。

ですが、それもタイミング次第なのです。というのも一部の金融会社では、時期によっては報徳なキャンペーンなどを行い、手数料が無償になる事もあるからです。数万円ほどの料金が節約できる訳ですから、そのメリットは非常に大きいと言えます。

なおそのような情報は、金融会社からはメルマガによって得る事も可能です。したがって借換などに関心がある時には、メルマガなどを購読しておくのも一法と言えます。



住宅ローンは変動金利で

様々なリスクを考慮しますと住宅ローンは変動金利にすることが意外とお勧めできます。毎月変動するわけではありませんから、その点は心配しないでよいでしょう。

様々な事情でお金を借りることがあるでしょうが住宅ローンの場合はさすがに大変なことがいくつもあります。それは例えば金利です。金利の事に関してはよく考えた方が良いに決まっていますが、これがなかなか難しいことになります。

良い所がさらに見付かったのであれば是非とも借り換えがお勧めできます。そのように色々と考えることがあるのです。もし、住宅ローンを組んだ後に長期休暇があったのであればその時に借り換えることができないかどうか、というのを色々と調べてみると良いでしょう。

それだけの価値がある行為であるのは確かでしょう。少しでも金利を安くするためには借り換えは必須になります。キャッシングのように相手が金利を減らしてくれる、ということは間違いなく存在していないからです。